WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン 【年間ランキング6年連続受賞】 CB250R HONDA ホンダ 4950円 WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン フェンダーレスキット CB250R HONDA ホンダ 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ 外装パーツ フェンダーレスキット 4950円 WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン フェンダーレスキット CB250R HONDA ホンダ 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ 外装パーツ フェンダーレスキット WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン 【年間ランキング6年連続受賞】 CB250R HONDA ホンダ フェンダーレスキット,WirusWinウイルズウィン,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , 外装パーツ , フェンダーレスキット,ホンダ,WirusWin,/beamless101918.html,gd-kcmco.com,ウイルズウィン,フェンダーレスキット,フェンダーレスキット,4950円,CB250R,HONDA フェンダーレスキット,WirusWinウイルズウィン,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , 外装パーツ , フェンダーレスキット,ホンダ,WirusWin,/beamless101918.html,gd-kcmco.com,ウイルズウィン,フェンダーレスキット,フェンダーレスキット,4950円,CB250R,HONDA

WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン 年間ランキング6年連続受賞 CB250R HONDA 特別セーフ ホンダ

WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン フェンダーレスキット CB250R HONDA ホンダ

4950円

WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン フェンダーレスキット CB250R HONDA ホンダ








■詳細説明
CB250R用のフェンダーレスキットです。

商品を取り付けることによりタイヤが露出されワイルドな感じに仕上がります。
カスタムの定番でドレスアップのワンポイントには欠かせない逸品です!

ナンバー灯は白色LEDタイプを採用しています。
配線は純正と同じカプラーになっていますので、差し替えるだけで簡単に繋げます。
装着に必要なボルトナット類が付属しており、取り付けのため他に用意するパーツ等はありません。
無加工で取り付けできます。

金属部分は耐久性、耐腐食性の高いステンレス製で鏡面バフ仕上げです。

■注意点
※WirusWin(ウイルズウィン)フェンダーレスキットは、長い純正フェンダー(泥よけ)を取り外すことにより、すっきりとしたリア周りに仕上げることを目的とした商品です。
またリア周りのメンテナンスやレース等の使用における空気抵抗を抑える理由から、WirusWin(ウイルズウィン)製品はナンバープレートホルダーの角度を変更することができる設計になっています。
しかし、道路交通法の保安基準ではリフレクター(反射板)の装着義務やナンバープレートの角度を約45度以内(後方からナンバープレートを目視で確認できる角度)とすることが定められております。
WirusWin(ウイルズウィン)製品は仕様としてナンバープレートホルダーの角度調節することは可能ですが、一般公道等の道路交通法を遵守しなければならない道路では保安基準を超えた角度(正確に目視できない角度)での製品の使用は法律で禁じられておりますので絶対におやめください。

※車体型式:2BK-MC52 に適合します。
※画像には他の商品が含まれている場合がございます。
※メーカー都合により商品の仕様変更がある場合がございます。ご了承ください。


■適合車種
CB250R 2BK-MC52

■商品番号
sp_parts_cb250r_fenderless

WirusWinウイルズウィン フェンダーレスキット フェンダーレスキット WirusWin ウイルズウィン フェンダーレスキット CB250R HONDA ホンダ

Music

音楽・アーティストのニュースとレビュー

音楽記事一覧

Snow Man深澤、“お茶の間担当”としての活躍

4月7日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)より、Snow Man・深澤辰哉が木曜日の隔週レギュラーに就任した。深澤は『ノンストップ!』ファミリーの最年少メンバーとなったが、初回放送を見ると気合が…

新しい地図、新レギュラーで“ワルイコ”っぷり発揮

4月9日からいよいよレギュラー放送が始まった『ワルイコあつまれ』(NHK Eテレ)。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による新しい教育系バラエティだ。これまで4回の特番が放送されてきたものの、やはりレギュラ…

SUGIZO×INORANが語る『BEST BOUT 2021』

SUGIZOとINORANが、ソロアーティストとして対バンするライブ企画『BEST BOUT』。同企画は2016年6月9日に第1回が行われ、3回目の開催となった『SUGIZO vs INORAN PR…

Ado、ラブソングで表現した愛の真理

今年3月14日のホワイトデー、てにをはが手がけたAdoの新曲「永遠のあくる日」が公開された。「永遠のあくる日」は、使い古された愛の言葉を使うことをためらいつつ、それでも溢れる想いを「あいしてる」という…

【動画】勇気がもらえるHIPHOPエピソード

アーティスト/音楽ライター/スケーターとして活動するKaz Skellingtonを迎えた洋楽を“digる”動画企画「Kaz Skellingtonのディグリントン」。第7回は「新しいことに挑戦する勇…

Movie

音楽・映画ニュース・TVドラマ情報とレビュー

映画記事一覧

『カムカム』3つのキーワードから読み解く

「ひなたの道」と「暗闇」、人生のすべてを映しながら100年を紡いだ『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)が、ついに終幕を迎えた。切り絵アニメによるオープニング映像と符号するように、登場人物ひとりひとり…

『鎌倉殿の13人』市川染五郎の風格

『鎌倉殿の13人』(NHK総合)第14回「都の義仲」。木曽義仲(青木崇高)は、平家の追討軍を撃退して上洛。源頼朝(大泉洋)は義仲の活躍に焦るが、義仲と後白河法皇(西田敏行)との関係が悪化すると、弟・義…

黒島結菜の朝ドラヒロインは誰もが納得

黒島結菜がヒロインを務める朝ドラ『ちむどんどん』(NHK総合)が、4月11日よりスタートする。  沖縄本島北部の「やんばる」と呼ばれる地域を主な舞台に、黒島は食いしん坊で運動神経抜群のヒロイン・暢子…

『SPY×FAMILY』アーニャの可愛さ

4月9日よりテレビ東京ほかにて放送がスタートしたTVアニメ『SPY×FAMILY』。第1話「オペレーション<梟(ストリクス)>」では、凄腕スパイの黄昏ことロイド・フォージャー(CV:江口拓也)が、人の…

『親愛なる同志たちへ』監督インタビュー

アンドレイ・コンチャロフスキー監督(84歳)。黒澤明の原案に基づく『暴走機関車』(1985年)や、シルヴェスター・スタローン主演のポリスアクション『デッドフォール』(1989年)などを手がけた国際派の…

肩肘張らずに観られる『アダム&アダム』

『フリー・ガイ』が記憶に新しいライアン・レイノルズとショーン・レヴィ監督が再びタッグを組んだ『アダム&アダム』がNetflixで配信中だ。この2人のタッグと聞くとコメディであることを想像する映画ファン…

VTuberシーンにメタバース界隈が学べること

緊急発表会見があります。  今年も、あの祝祭がやってくる。VTuberの甲賀流忍者ぽんぽことピーナッツくんが企画・運営を行う、24時間YouTube生放送企画「ぽんぽこ24」が、今年も開催決定となっ…

ぼっち系YouTuber・パーカーの人生を切り開く姿

ぼっち系YouTuberの“パーカー”をご存じだろうか?  1人行動が好きな“ぼっち系”として、大学生の日常を映像に収めた動画で人気を博し、現在登録者は50万人を突破している。動画内でパーカーをよく…

ゲーミングスマホ「RedMagic 7」レビュー

Nubiaから発売になった「RedMagic 7」はゲーミングスマホと呼ばれるカテゴリの製品だ。各メーカーがハイスペックなスマートフォンを展開する中で、ゲーミングスマートフォンは高速CPUの搭載はもち…

オンラインゲームの中で契約を締結

デトロイト出身のラッパー、Tee Grizzleyがeスポーツチーム「XSET」とのパートナーシップ契約を結んだ。  彼はラッパーとして活動するかたわら、Twitchでゲーム配信なども行っている熱心…

「写真」アプリの編集機能

iPhoneやiPadには多数の機能があるが、うまく使いこなせているだろうか。これまで労力を割いてきた工程が、ちょっとした操作でグッと楽になることもあるだろう。本連載ではそんなiOSデバイスたちの便利…

ピアノ系Ch「CANACANA family」とは

YouTubeで「ピアノ」と聞くと、ハラミちゃんやよみぃといったストリートピアノを弾き多くの人を集めるYouTuberを想像する人も多いのではないだろうか。しかし、純粋にピアノを弾き110万人の登録者…

Book

ブック情報とレビュー

ブック記事一覧

3月発売BLコミックレビュー

前年の商業BL界を象徴する作品をファン投票にて決定するBLアワード2022が4月1日、発表された。2021年度のBESTコミック部門で1位を受賞したのは、筆者も「2021年BLコミックBEST10」や…

【漫画メシ】アイデア餃子4選

日本で食べられている中華料理のなかでも、トップレベルの人気を誇っている餃子。ひき肉やニラなどを混ぜて作った餡を皮で包むシンプルな料理だが、餡の種類や調味料、加熱の方法などにより、様々なバリエーションが…

【漫画】『同調圧力が限界まで大きくなった世界で』

タレ眉メイク、後ろ髪はひとつ結び、スカートの丈は膝下。今日も「ふつう」の子として完璧に振る舞う、高校生のさえ。ある日、「ふつう」ではない転校生・ちとせが登場し、さえの「ふつう」な平穏が脅かされて―――…

『BATTLE OF TOKYO』の全貌とは?

LDHが仕掛ける次世代総合エンタテインメントプロジェクト『BATTLE OF TOKYO』。Jr.EXILE世代と呼ばれるGENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALL…

4月ドラマ原作『恋に無駄口』レビュー

少女マンガの醍醐味はなんだろうかと考える。少女の細やかな心の機微や、日常で起こるささやかな出来事たちを丁寧に掬うのが、その魅力の一つだろう。  そんな作品が主流であるなか、ドラマ化を控える人気作…

『ひらやすみ』の魅力とは?

「マンガ大賞2022」の第3位に選ばれた『ひらやすみ』。『東京ヒゴロ』を手掛けた松本大洋やお笑い芸人の阿佐ヶ谷姉妹など、数多くの作家が推薦コメントを書いたことでも話題となった作品だ。  「輝け!ブロ…

『鬼滅の刃』堕姫のフィギュア制作動画

YouTubeチャンネル「KotohaModeling ことは模型」にて、吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』に登場する堕姫(だき)のフィギュアを制作する様子が公開された。その仕事の細かさに、視聴者から反響が寄せ…